次世代住宅ポイント制度で水廻りリフォーム・断熱リフォーム受注のチャンス

新築は最大35万円相当、リフォームは最大30万円相当のポイント】

国土交通省は、12月21日の政府の2019年度当初予算案の閣議決定を受けて、「次世代住宅ポイント制度」の概要を発表しました。

この「次世代住宅ポイント制度」は、2019年10月に予定されている消費税率10%への引上げに伴う反動の住宅取得支援策として創設され、一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等のある住宅や、家事負担軽減になる設備を設置した住宅の新築やリフォームの条件に合わせてポイントを付与するものです。新築は最大35万円相当、リフォームは最大30万円相当のポイントが付与され、若者・子育て世帯がリフォームを行う場合、安心R住宅を購入しリフォームを行う場などはポイントの特例があり、ポイント数が多く発行される制度です。

このほかの住宅支援策について掲載されているチラシが国土交通省より出されています。

ここでは次世代住宅ポイント制度のリフォームに関する事項に絞って記載します。

【ポイントがもらえるリフォーム工事の契約、着手、引渡しの期間の規定】

ポイント発行を申請できるリフォーム工事は、工事請負契約、着手、引渡しの期間が決まっていますので、お客様に説明が必要です。

・工事請負契約

2019年4月1日から2020年3月31日までに締結された工事請負契約を対象。ただし、2018年12月21日(閣議決定日)~2019年3月31日までの工事請負契約であっても、2019年10月1日以降に工事に着手するものは対象。

・着手

工事請負契約から2020年3月31日までの間に、工事に着手するものを対象。

・引渡し

2019年10月 1 日以降に引渡しを行うものを対象。

次世代住宅ポイント制度の概要

【最高60万ポイント! 中古住宅購入してフォームされる方はポイント発行数が多い】

「次世代住宅ポイント制度」は、特に中古住宅購入者を対象にリフォームをお勧めする時に、お得さをアピールできます。

この支援制度は、子育て世代や若年層のリフォームや、中古住宅を購入してリフォームされる方にはさらに恩恵のある制度となっています。

リフォームではポイント発行の上限が30万ポイント(30万円)ですが、若者・子育て世帯が既存住宅を購入してリフォームを行う場合は上限60万ポイント、若者・子育て世帯がリフォームを行う場合は上限45万ポイント、安心R住宅を購入してリフォームを行う場合は上限45万ポイントです。

さらに若者・子育て世帯が既存住宅を購入して行う税込み100万円以上のリフォーム工事に対しては、一戸につき10万ポイントが発行されます。

「若者世帯」とは、  世帯主が2018年12月21日(閣議決定日)時点40歳未満であることが条件です。

「子育て世帯」とは、2018年12月21日(閣議決定日)時点で18歳未満の子がいる世帯、又は申請時点で18歳未満の子がいる世帯のことで      す。

「安心R住宅」とは、耐震性があり、インスペクション(建物状況調査等)が 行われた住宅であって、リフォーム等について情報提供が行われる既存住宅    をいいます。具体的には、以下の要件を満たすものです。

[1]耐震性等の基礎的な品質を備えている
[2]リフォームを実施済み又はリフォーム提案が付いている
[3]点検記録等の保管状況について情報提供が行われる

住生活基本計画にもあるように、国の住宅ストック活用型市場への転換という目標にある

   ・既存住宅の質の向上
   ・既存住宅が流通し、資産として次の世代に承継されていく新たな流れを創出
   ・住宅ストックビジネスの活性化

という施策と子育て世代や若年層への支援策が、次世代住宅ポイント制度の中にも反映されているようです。

【1戸あたりの合計ポイント数は2万ポイント以上の場合にポイントの発行申請が可能
若者・子育て世帯の既存住宅購入のリフォーム工事は100
万円(税込)以上が対象】

ポイント数は、対象工事によって決められていますが、リフォームの場合は、2万ポイント以上を獲得しなければ、ポイントの発行申請ができません。しかし、節水トイレは16000ポイント、手すりの設置5000ポイントで、高断熱浴槽は240000ポイント、内窓設置の大(2.8㎡以上)20000ポイントですので最低ラインのポイント発行申請をクリアするのは容易です。

若者・子育て世帯が既存住宅を購入してリフォームする場合は、100 万円(税込)以上のリフォーム工事が対象ですので、お客様にあらかじめ説明を行うことが必要です。

お客様がせっかくリフォームやリノベーションをするのであれば、工事後に後悔されないように十分な提案をして、できるだけポイント数を多く還元できるようにしたいものです。

【水廻りを中心としたリフォームを受注するチャンス】

次世代住宅ポイント制度をきっかけにして、キッチン、システムバス、洗面所、トイレの水廻りリフォームをお客様にお勧めするチャンスです。

水廻りリフォームを行う前に、インスペクション(住宅診断)を行い、耐震性のチェック診断を行うことで、信頼性のあるリフォーム計画が作成できます。インスペクション、耐震診断ができることが他社との差別化となります。

水廻りリフォームを行う前に、インスペクション(住宅診断)を行い、耐震性のチェック診断を行うことで、信頼性のあるリフォーム計画が作成できます。インスペクション、耐震診断ができることが他社との差別化となります。

●システムキッチンへのリフォームでは

・家事負担軽減のビルトイン食器洗機(18,000ポイント/戸)
・掃除が簡単で楽なレンジフード
(9,000ポイント/戸)
・ビルトインIHやビルトインガスコンロ(12,000ポイント/戸)
・節湯水栓(4000ポイント/1戸)
・窓の断熱化で内窓設置
(中:15,000 ポイント/個)
・リビングとのドアを替えて段差解消(6,000ポイント/戸)
・リビングとのドアを替えて出入り口の幅の拡張(28,000ポイント/戸)

合計92,000ポイントを獲得できます。

●浴室では、在来浴室からシステムバスリフォームと高効率給湯器取り替え

・高断熱浴槽 (24,000ポイント/戸)
・節湯水栓(4,000ポイント/1戸)
・浴室乾燥機(18,000ポイント/戸)
・窓の交換
(中:15,000 ポイント/個)
・既存の省エネでない給湯器からエコキュートまたはエコジョーズ等の高効率給湯器に取替(24,000ポイント/戸)
・手すりの設置(5,000ポイント/1戸)
・段差解消(6,000ポイント/1戸)
・出入り口拡張(28,000ポイント/戸)

合計124,000ポイントを獲得できます。

●節水トイレへのリフォームは

・節水型トイレ(16,000ポイント/戸)
・掃除しやすいトイレ(18,000ポイント/戸)
・手すりの設置(5,000ポイント/1戸)
・段差解消(6,000ポイント/1戸)
・ドア交換による出入り口拡張(28,000ポイント/戸)

合計73,000ポイントとなります。

他、宅配ボックス設置は10,000ポイント/ボックス、インスペクションやリフォーム瑕疵保険は各7,000/戸、耐震改修150,000/戸、外壁、屋根・天井又は床の断熱改修等のポイントがあり、リフォーム個所の組み合わせにより、多くのポイントを獲得することができます。

ポイント数については、国土交通省の概要資料を掲載します。次世代住宅ポイント制度の概要

この制度の現時点(2018年12月29日)の記述は、今後制度の内容変更があるかもしれません。平成31年度の予算の成立を待ち、順次情報を更新いたします。

後日、次世代住宅ポイント制度についての概要研修を行う予定です。

なお1月に研修オファーがありました千葉県の家電販売店様のシステムバスの受注研修会では、この概要をさらに詳しく説明させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です