TOP >  業務のコンセプト

私たちがかかわった住宅に関連する会社、店舗が繁栄すること、そこに所属する社員やスタッフの方々が成長することを支援することがサクラ・ワークの使命であり役割です。

住宅業界に特化し、優れた営業や技術を目指す人づくりのコンサルや研修、経営や営業の仕組み作り、
建築・リフォームの企画や設計、集客できる住宅展示場の企画、確実な販売促進の方法や企画などの
総合的な支援を行うことで、サクラ・ワークは住宅・リフォーム業界が成長し、繁栄するお役立ちになること
を使命としております。
また、家に住まう人々が安心し、幸福で、資産価値のある住まいで快適に暮らすことを心より願い、
家を造る側の企業や人々のさらなる知識や技術の向上のサポートをし、仕事を通して社会に貢献する
ことを目指しております。

     一番の目的は「受注力を高めること」

 自社の売りは何なのか、価値はどこにあるのか、差別化は何なのかを探し、見極めることから始めます。
 その前提として現在の市場動向や、国の住政策の方向性を見極め、根拠のある方針を立てていきます。
 そこから勝てる方法、戦略を練り、受注するための底力をつけていきます。根拠ある方針を立てて全員で
 受注に向かう方法を組み立てることを繰り返すことによって、全員の能力が高まり、受注力を高めていく
 ことを目的にしています。

     「わかりやすくシンプル」に難解な住政策(国策)や補助金が理解できること

 住政策・国策や補助金対応は、生き残りのために絶対に必要ですが、わかりにくく、難解難解で苦手
 だという意識がある方にも「わかりやすく」「シンプル」に指導致します。
 例えば、省エネ基準改正に関すること、外皮計算や1次エネルギー計算や長期優良化リフォームなど
 様々な住政策の国策に関して、自分でできるようになるまで指導致します。

     「具体的で確実」に企画・設計・営業に落とし込むコンサルティング&研修システム

 今後、住宅業界は変化する住政策についていくにも、受注競争を乗り切っていくにも厳しい状況が
 予測されます。それだからこそ、確実に経営をしていくためには、新しい情報をキャッチして、自社の
 方向性を決め、営業や技術に落とし込み、活動していくことが必要になってきます。いくら新しい知識
 を学んだとしても、それを具体的に建築の形にし、営業方法や補助金申請に結びつけなければ意味
 がありません。
 「具体的」にそして「確実」に企画・設計・営業に結びつけることができるように落とし込むコンサルティング
 や研修を行います。